×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

弟地樽出美瑠物語『中島庵府仁大物編』
※こちらは女神転生1のキャラ達が繰り広げる
ロシアンルーレット穴座−ワールドです。

第壱話〜九話 第拾話〜弐拾話第拾壱話〜参拾話
今1〜9話
第壱話〜旅立ち〜:けんたろ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お弓:「おまえさん、こんな時間にどこへ行くんだい?」
中島:「あぁ、庵府異仁(アンフィニ)寺にヤツが潜伏しているという情報があってな。     
今日こそお縄を頂戴してくれる。」
お弓:「あの辺は最近物騒だからお気をつけ下さいませよ。」カチカチ☆(SE:火つけ石)
中島:「今宵は栗酒奈(クリシュナ)を共につけるから心配するな、
(見つめあう事1分)じゃあ行ってくるぞ。」
お弓:「あ!おまえさん!コレを・・・。」
中島:「おお、炎の十手じゃあねェか!」               

(続く・・・。)


稿者:まきのさん◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ゴォーーン(SE:寺の鐘の音)
場所:庵府仁寺

中島: 「ここに奴が潜伏しているのに間違いないんだな?」
栗酒奈:「へい・・寺の様子を張らせた黄泉醜女の情報に
間違い御座いやせん。」
中島: 「留師腐阿(ルシファー)め・・今度こそお縄にしてくれる」
栗酒奈:「中島様、寺から誰か出てきましたぜ?」
中島: 「・・・何!・・・あ、あれは・・・!!」

(続く)


投稿者:魂太郎@regamerさん◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

中島:  「か…勘定奉行の明日多露都(アスタロート)殿では!」
栗酒奈: 「噂では、勘定奉行様も留師腐阿(ルシファー)に1枚噛んでるとか…」
中島:  「そうか、それでか・・・・。その側に付いている2人が、
留師腐阿の用心棒としても名高い阿取螺(アシュラ)とぞ磨(ゾマ)か…。」
栗酒奈: 「ますますここに潜伏していると言えますね、中島の旦那。」
中島:  「おうよ。とりあえず勘定奉行はやり過ごそう。今回は勘定奉行が狙いじゃねえからな。
ま、留師腐阿をお縄にすりゃ、いずれは手も回るだろうしな。」
栗酒奈: 「しかし、向こうは未知数、こっちは2人…、人手が足りやせんね。」
中島:  「よし、黄泉醜女を使って救援を頼まぁ!」
栗酒奈: 「合点!!」
・・・・数十分後・・・・

(続く)


投稿者:catspottingさん◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

弟地樽出美留物語・「飛鳥の住人」

中島:  「まだ来ねェのか、あの婆ァは」
黄泉醜女:「ほっほっほ、急がば回れと云うぞえ」
中島:  「遅ェぞ婆ァ!己は急いでんだッ」
黄泉醜女:「難儀な奴よの」
中島:  「いちいちうるせェな、とっとと行くぞ」

(続く)…

投稿者:たっくんさん◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

弟地樽出美瑠物語『中島庵府仁大捕物編』〜暴れん坊召喚師〜・「黄泉の使いの受難」

栗酒奈: 「・・・ところで、黄泉醜女よ・・・。」
黄泉醜女:「ギャッ?何ぞや。」
栗酒奈:  「こちとら、炎の十手だけじゃ、ちと厳しいよな。」
黄泉醜女:「・・・・そうですな。ギャッ。」
栗酒奈: 「そこで・・・・だ。例のものを・・・」
黄泉醜女:「・・・・・・?」
中島:  「吐け。」
黄泉醜女:「・・・・・ギャッ???」
中島:  「吐き出せ。」
黄泉醜女:「ギャッ!??」
栗酒奈: 「石だよ、石!!以前、呂葵(ロキ)の野郎を縛り首にしたときに
お前が飲み込んじまった石だよ!!あれが無きゃ、銘刀「火之迦具土」
が使えねーじゃねーか!」
黄泉醜女:「ギャッ??!!そ、それは・・・・・」
中島:  「出せねえなら手ぇ突っ込んで手伝ってやる。おい栗酒奈、そっち持ってろ」
黄泉醜女:「グギャーーーーーッ!!!!」

中島達はそうして銘刀「火之迦具土」を手に入れたのだった。

(続く)

投稿者:まきのさん◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

勘定奉行の明日多路都を寺の前に呼んでいた篭に乗せ
それを見送る阿取螺と ぞ磨。
中島と栗酒奈は陰から様子を伺っている。

場所:庵府仁寺の中
カコンと獅子脅しが鳴る(寺に獅子脅しがあるのかは不明)

阿取螺・ぞ磨:「留師腐阿様・・ただ今戻りました。」
留師腐阿:「うむ・・」
ぞ磨:  「・・表に何者かの気配を感じました・・おそらく・・」
留師腐阿:「中島、・・か。」
阿取螺: 「近ごろ寺の回りを嗅ぎまわっている輩がおりまする。      
・・気配はまだあります故、直ちに我らが・・」
留師腐阿:「よい・・捨てておけ」
ぞ磨:  「し、しかし・・」
留師腐阿:「我らには・・奴が手出し出来ぬ奥の手があるのを
忘れたわけではあるまい?」
(続く)


投稿者:けんたろ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

場所:またまた庵府仁寺内

留師腐阿: 「それより最近我が物にした腐海・・・もう一つ花が欲しい処よのう・・・。」
阿取螺:  「は!その件、魅魂藩の蓑多迂路酢(ミノタウロス)に任せておる次第で・・・
今晩当たりに決行かと・・・。]
留師腐阿: 「彼奴というのが、心配だが・・・まあ、阿取螺、お前に任せよう。」
ぞ磨: 「曲者!!」(すかさず天井にナギナタ3発)
阿取螺:  「・・・どうした?」
ぞ磨:   「いや、鼠らしいが・・・。逃がしたようだ・・・。」
留師腐阿: 「フフ、愚かな。ぞ磨、阿取螺!明朝赤之城に戻るぞ!」
ぞ磨、阿取螺:「ははっ!」

(続く)


投稿者:いとーのいぢさん◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

>弟地樽出美瑠物語・番外編

女:ちょいと!お待ちよ!何だい、こんな稼ぎじゃ正月もろくに越せやしないじゃないか!
男:うるせえなぁ・・・麻利伊のばばあに一杯くわされちまったんだよォ。
女:この甲斐性なし!下手な言い訳してんじゃないよ!その魂符はお飾りかい?
男:(ちゃぶ台をバアンとひっくり返して)おうおう!黙って聞いてりゃ言いてぇこと言い
やがって!この魂符は出美瑠佐摩那亜のおいらだけが・・・・・・・

ゴス バキ ドス!!!

女:ごちゃごちゃ言ってないでとっとと稼いできな!!!
男:・・・(頬を腫らしながら)は、はひ・・・

三平:まったく、ここは平和でさァな、旦那ァ!!
琵玖戸流:む、良い正月じゃの・・・
。。。。。。。。。


投稿者:けんたろ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

場所:薔亜流腹回廊(ヤンキー語)

栗酒奈:「ダンナ、待ってくだせいよ、ダンナってば!
敵さん目の前にしてどこに行きなさるんですかぃ?」
中島: 「こいつぁ、なにか胸騒ぎがする、一度戻るのが得策だ」
栗酒奈:「とかなんとか言っちゃって、ダ・ン・ナ、実はお弓さ・・・ひでぶ!(裏拳)」
中島: 「果報は寝て待て、江戸っ子は五月の鯉の吹き流しと言うだろう(親指!)」
栗酒奈:「ぐふっ・・・ダンナソレ良く解らないッス・・・(泣)」

(続く)

次トップへ